医薬品と同列にするような

2015-02-14

広告の大きさが小さかったり目立つ広告を出さないから心配無いだろうと気軽な気持ちでいませんか?万が一薬国が定める薬事法に抵触した表現が指摘された場合、
販売停止などを法に則り命じられたケースがあるのです。


「一週間後には3-5キロ減量に成功!」「利用することによって美しさを手にすることが可能な優れもの!」など、
得られる効果を表現する表記の記事は薬事法における違反になってしまうケースがあるので避ける必要があります。


人気のサプリ等を販売をする場合に、
薬事法では、医薬品と勘違いされてしまわないような販売促進活動の表現をチョイスしなければいけません。
把握していない所でそれを学ばなければ、
いわゆる違法行為を犯してしまっているのです。


サプリなどはあたかも医薬品のような販売の方法を行うと、
薬事法やいわゆる健康増進法に抵触をしてしまう可能性が確かにありえますが、
誰が見ても「食品だよ!」というケースでしたら、
違法では無いです。


「セーフティ面は確認しています!」「副作用皆無!」など、
利用者の性別、年齢など関係無しに効能効果を期待でき、
安全なものであるということを保証してくれるような言葉は国から決められた薬事法に抵触してしまうことになります。


商品をより魅力的に見せる売方をした結果、
サイトの中には薬事法を守っていないと思われるコピーライティングが溢れているので注意しましょう。

国の薬事法に抵触した場合に対しての

2015-02-01

「異変無し!」「無危害については確認しています!」等の、
効果を期待することができ、状態や使用者の性別、年齢といったことを問わず安心して購入出来るということを会社が保証するような表現は国の薬事法に抵触します。


薬事法を守らなかった場合、製造し販売をしている会社等のメーカーなどに限ったことではなく、
その広報に関係している全ての関係者に、
販売の責任を問われることも考えられますのでとにかく注意が重要なのです。


いわゆる薬事法では、健康サプリメントなどを販売をする時に、
厳しい規制のある医薬品と間違えないような文章表現を選ぶことが大切です。
それらを知っておかなければ、把握していないところで違法なことを犯してしまっています。


簡単に購入出来る医薬部外品がいわゆる薬事法についてを難しくややこしくしているワケです。
ドラッグストアの医薬品などに準ずるような成分が入っていることもありますが、
実際の効果がそこまで過大に実感することが出来ないのが俗にいう医薬部外品なのです。


薬事法におきましては、あのドクター○○が監修!など、
医師などが開発に携わっている事実を名言し、
商品の名前に使用することも禁止事項です。
一般の方からの「購入者の意見」として声であっても、
違反となります。


販促をするため担当者間で気がつかないうちに薬事法を守らなかった表現を使っているケースがとっても多く、
ヤフーなどのチェックに指摘されることではじき出されてしまうことになってしまう場合も考えられます。


薬事法等に抵触しない広告では、
自社アイテムの素晴らしさを伝達することができなく、
利益がダウンすると考えてはいないでしょうか?この薬事法を遵守し、
内容の濃い素晴らしい広告を使用することが無難です。

薬事法に

2015-01-23

「トラブルなし!!」「安全面に関しては問題なし!」など、
使用効果を得ることができ、状態や性別、年齢等一切問わず安心安全であるということを販売元が保証する表現は国が定める薬事法に違反になります。


薬事法についてを理解していなければ、
HPのデザインがとっても素晴らしかったとしても、
予想もしていなかったところで抵触する可能性があります。
製薬業者やクリニック、健康食品やサプリメントなどのその中でも最善の注意をする必要があるのはHPです。


「安全性はご安心を!!」「トラブル無し」ナドの、
体の状態や利用者の性別、年齢層など関係無く使用後の効果を期待でき、
安心して購入出来るということを保証する言葉は薬事法における違反になります。


販売向上戦略のため宣伝部間で気づかないうちに薬事法における違反になる表現を提示している場合が非常に多く、
Googleやyahoo!などのチェックに引っかかることで消されることになるケースも十分にあります。


販売促進活動のため社内の広報レベルで把握していないうちに薬事法の内容に触れてしまう表現を使用してしまっている場合が多く、
検索エンジンのチェックに触れてしまうことによって削除されてしまうことになるケースも考えられます。


医薬部外品の存在が、いわゆる薬事法についてをかなりややこしくしている理由です。
ドラッグストアの医薬品などに準ずるような成分の配合はありますが、
期待できる効果がそこまで大きく得ることが出来ないのが俗にいう医薬部外品なのです。

「使用することによって

2015-01-05

「1ヶ月で10キロ体重が減る!」「使うことによってアンチエンジングを得ることが出来る魅力的なもの!」など、
得られる効果を表現するセールストークは薬事法における違反になることから避ける必要があります。


人気のブルーベリーサプリメントを販売をする場合、
「きちんと飲み続けると衰えた目が解消方法へと導きます」「メガネの無い生活を取り戻す!」などと得られる効果の言葉を伝達することしたくなりますが、
これらのことはすべて薬事法に触れてしまうことになります。


医薬品と間違えてしまうような宣伝の方法を実践すると、
そもそも健康食品というのは国の薬事法や健康増進法に触れてしまうおそれが十分にありますが、
消費者が見て食品だ!というケースでしたら、
特に問題無いです。


健康アイテムなどは特殊な医薬品のような宣伝の方法を実行すると、
国の薬事法や健康増進法に抵触する可能性が結構ありますが、
全ての人が見て「食品だよ!」という場合でしたら、
問題は無いです。


商品毎に専用容器、または個々の被包に医薬品などは、
特記する重要事項などが決定しています。
この特記する項目等は俗にいう「法定表示」と呼んでいます。


やはり市販されている医薬品等を開発、
販売、そして販促活動をする際に関わってくるのがいわゆる薬事法です。
保健衛生の向上を最もな要因として制定されている法律なのです。


「10日で10キロ減量する!」「いわゆるピーリングによって若々しさ効果を得ることが可能なスグレモノなんです!」など、
効果効能を言葉にする宣伝は国が定める薬事法に違反になることもあるのでご注意ください。

「安全面は

2015-01-05

サプリなどは厳しい制約のある医薬品のような告知の方法をしてしまうと、
国の薬事法や健康増進法に抵触をしてしまう可能性がもちろんありますが、
第三者から見てあからさまに食品のケースでしたら、
心配無いです。


国から決められた薬事法に抵触した場合、
開発製造、販売をしている会社等の関連するメーカーに限ったことではなく、
その広報に関わる全関係者に、法律違反の責任を問われるケースも考えられますので注意が重要なのです。


お化粧品の使用する前や使用後のイラストやピクチャー等の表現については、
市販の医薬品などの効能結果、安心面の確保などの会社が保証するような言葉となりますので国の薬事法においては原則として駄目です。


医薬部外品の存在が、いわゆる薬事法を難しい法律にしているワケです。
市販されている医薬品などに準ずるような配合する成分はありますが、
主な効果がそこまで大きく認められていないのが俗にいう医薬部外品なのです。


自社商品の得られる効果を表現して広告やカタログを制作担当者や知識の無い制作会社が、
作ると少しでも多く売りたいという気持ちが強くなってしまい、
国の薬事法に抵触する場合も考えられます。


いわゆるサプリメントなどは医薬品と同列にするような宣伝の方法をやってしまうと、
日本における薬事法や健康増進法に違反をしてしまう可能性が確かにありえますが、
ユーザーから見ても食品だ!というケースでしたら、
特に心配は無いです。

« Older Entries
Copyright(c) 2014 「薬事法」で学ぶ仕事術 All Rights Reserved.