薬事法の内容では

2015-06-26

いわゆる医薬品などを開発、販売、そしてコマーシャルをする場合に絶対に外せないのがいわゆる薬事法についてです。
保健衛生の促進を図る要因として考案されている法律なのです。


販売ノルマ達成のため社内で把握していないうちに国から決められた薬事法に抵触してしまう表現を使ってしまっている場合が結構多く、
ヤフーなどの検索サイトの検査に触れてしまうことによってはじき出されてしまうことになるケースも考えられます。


薬事法等に抵触しない宣伝方法では、
販売している商品の素晴らしさを伝達することができなく、
販売本数がダウンすると思ってはいないでしょうか?日本の薬事法を遵守し、
内容の濃い素晴らしい広告を作ることが大切なことです。


何かと話題になる薬事法の法令遵守に対して意識の足りない中小の会社が取り締まりされる事例が多く報告されています。
薬事法に対する知識が不足気味ということで、
考えられないところで法律を無視しているのです。


いわゆる薬事法で制限されているサプリメント、
健康雑貨等はグッズではありません。
ちなみに、間違えられてしまうような表現を市販されている医薬品等などと使用などしたり、
コマーシャルをする際に展開してしまうと、
国の薬事法に抵触した表現となります。


食材の販売に関する国の薬事法に抵触した場合に対しての処罰は重くなっています。
話題の食品メーカーでも、出荷商品全ての回収などを言われたCASEもあるので検討しましょう。


「世界的ドクター監修」など、特定の人が開発に関わっていることを名言し、
商品名称に利用することも薬事法が定めることでは、
抵触します。
「購入者の意見」として第三者からの感想であっても、
効果効能の事実は駄目です。

医薬品等は

2015-06-19

会社の商品をもっと効果的に実感させようとする宣伝方法をした結果、
Web上には薬事法の内容に触れてしまっているとかんがえられるコピー記事が溢れてしまっているので注意してください。


薬事法などに抵触しない広告戦略では、
グッズの魅力を表すことができなく、
人気が落ちると考えてはいないでしょうか?日本における薬事法を遵守し、
心に届ける広告を制作することが無難です。


かく商品ごとに直接の入れ物、また被包に医薬品というのは、記載する事項等があります。
この絶対に記載の必要のある重要な事項などはいわゆる「法定表示」です。


把握していないところで法律を国が定める薬事に対する認識が不足気味ということで、
犯してしまうのです。
法律の薬事法の従順に対して理解をしていない中小の企業が逮捕されるケースも多く報告されています。


日本の薬事法では、健康を補助する食品などを販売をする時に、
医薬品と一緒にしてしまわないような販売促進活動の言葉を選ぶ必要があります。
それを学ばなければ、予想もしていなかった所で違法行為をしているわけです。


さらに広報レベル向上させるために自社アイテムをする告知の方法をした結果、
薬事法の内容に触れてしまっていると思われますコピーライティングがウェブ上には溢れていますので避ける必要があります。


気軽に買える医薬部外品が、薬事法についてをややこしい法律にしている原因です。
医薬品というのに準ずるような配合成分が含まれていることもありますが、
効果効能がそこまで大きく得ることが出来ないのが気軽に買える医薬部外品なのです。

「世界的ドクター監修」など

2015-06-12

薬事法についての法律のコンプライアンスに対する意識の足りない中小の企業が取り締まりされるケースも多くあります。
法律の薬事に対する認識が不足気味ということで、
意外なところで法律を守られていないのです。


健康サプリメントなどを市場へ出す時に、
国の薬事法においては、医薬品と勘違いされてしまわないような販売促進活動の表現をチョイスする必要があります。
予想もしていなかったところでそれらを勉強しなければ、
違法の行為をしているワケです。


薬事法におきましては、有名ドクターオススメ!など、医師等が開発に関係することを公言し、
販売商品の名称にすることも駄目になっています。
消費者からの「愛用者の口コミ」として体験談であっても、
NGとなります。


薬局の医薬品等は、かく商品ごとに決められた容器、
他には被包に必ず書く必要のある重要な事項などが指定されているのです。
この記載する事項はいわゆる「法定表示」と呼んでいます。


ホームページの内容がどんなに良かったとしても、
何かと話題になる薬事法を理解していなければ、
予想もしていなかった所で触れてしまう可能性があります。
その中でも注意が必要なのは、エステ・クリニックや医療系コスメや健康補助食品などのサイトなのです。


薬事法が定めることでは、「世界的ドクター監修」など、開発段階に携わっていることを表示し、
商品の名前に使うことも抵触します。
ユーザーなどからの「愛用者の意見」としてクチコミでも、
違反となります。

広告枠が小さかったり

2015-06-08

広告枠がかなり小さかったりド派手的な広告を展開自体しないから大丈夫と考えていたりしていませんか?万が一薬国の薬事法に抵触した表現が展開された時、
商品の回収などを法に則り言い渡されたケースがあるので覚えておきましょう。


さらに広報レベル向上させるために人気商品をしようとする売方をした結果、
薬事法の内容に触れてしまっているとなる違法の記事がウェブ上には結構あるので注意してください。


人気商品の効果効能を言葉にして広告やカタログを社内従業員や法律をあまり理解していない制作会社が作ってしまうと何が何でも売りたいという気持ちが強くなってしまい、
法律の薬事法に抵触する場合もあります。


法律の薬事法を簡単に購入出来る医薬部外品がかなりややこしくしているワケの一つです。
市販の医薬品等に準ずるような成分が入っていることもありますが、
そこまでおおきく主な効果が実感出来ないのが俗にいう医薬部外品なのです。


薬品ごとに、直接の入れ物、または個々の被包にドラッグストアの医薬品などは、
必ず表記する必要のある重要事項などが一律になっています。
この絶対に書かなければいけない事項等は「法定表示」と呼んでいます。


法律の薬事法で制限されている健康食品や健康アイテムなどはアイテムではありません。
念の為、誤解を与えるような言葉を気軽に購入できる医薬品などと使用などしたり、
販促活動をする際に実行すると、
国の薬事法に抵触した表現となります。


制作担当者や法律をあまり理解していない制作会社がチラシやカタログを提案するととにかく「売りたい!」という思いが表に現れてしまい、
販売している商品の得られる効果を言葉にして日本の薬事法に抵触することも十分にあります。

市場へ出す場合

2015-06-07

医薬品と誤認されるような販売促進活動を展開してしまうと、
健康サプリメントなどは法律の薬事法やいわゆる健康増進法に触れるおそれがもちろんありますが、
ダレが見ても食品だ!というケースでしたら、
関係ないです。


「利用することによって美容を自分のものにすることが出来る魅力的なものなんです!」「1ヶ月で10キロ体重が減る!」など、
薬事法の違反に期待できる効果を表現するセールストークはなることから避けることが大切です。


社内従業員や薬事法を把握していない制作会社が広告やカタログを企画してしまうと人気商品にしたいという気持ちが出てしまい、
自社商品の実際の効果を言葉にして薬事法違反になることも考えられます。


日本の薬事法のコンプライアンスに対する意識の低い企業が逮捕されることも多く報道されています。
薬事法に対する理解が足りない傾向にあることで、
意外な所で法律を犯してしまうからです。


国の薬事法に抵触しない宣伝方法では、
商品などの素晴らしさを伝達することが出来なく、
売上が落ちると考えていたりしていませんか?国の薬事法を遵守し、
わかりやすい広告を企画することが重要なことです。


広告枠がかなり小さかったり派手な広告を展開することは無いから違法行為では無いだろうと簡単に考えてはいないでしょうか?万が一薬薬事法に触れる表現が展開された時、
商品回収などを法により命じられたケースがありますのできちんと検討しましょう。

« Older Entries
Copyright(c) 2014 「薬事法」で学ぶ仕事術 All Rights Reserved.