ブルーベリーエキス配合のサプリを

2014-12-12

「身体への悪影響については問題ありません!」「体に影響無し!」など、
体の状態や利用者の性別、年齢など関係無しに効能を実感することができ、
安心して購入出来るということを販売元が保証する言葉は薬事法に触れてしまうことになります。


日本の薬事法で規制されている健康用品、
また健康雑貨などは商品ではありません。
但し、誤認識されるような言葉を俗にいう医薬品等などと表記したり、
広告活動をする際に実践してしまうと、
国の薬事法に抵触した表現となります。


俗にいう医薬部外品が、いわゆる薬事法をさらに難しくしているワケです。
薬局で購入出来る医薬品に準ずるような成分の配合もありますが、
得られる効果が多少しか実感することが出来ないのがいわゆる医薬部外品というワケです。


必ず気軽に購入できる医薬品などを作って販売、
そして販促活動をする場合に外せないのが薬事法です。
保健衛生におけるアップを一番の要因として今も昔も存在する法律なのです。


商品の得られる効果を表現してパンフレットやホームページを制作担当者や薬事法を理解していない制作会社が作成すると、
販売したいという思いが表に現れてしまい、
法律の薬事法に抵触することも十分にあります。


いわゆる薬事法では、あの有名医師が監修など、医師などが開発に関係している事実を明言し、
その商品名に使用することも禁止になっています。
第三者からの「利用者のクチコミ」として感想であっても、
NGとなります。

より効果的に

2014-12-12

コスメアイテムの使用前後のイラストやピクチャーなどの表現については、
市販されている医薬品等のこうかや効能、
安心面の保証する言葉となりますので日本の薬事法では基本駄目です。


販売戦略のため社内の広報レベルで気づかないうちに薬事法に触れる表現を提示しているケースがとっても多く、
ヤフーなどの検索サイトの検査に抵触してしまうことで消されることになる場合があります。


兎に角市販の医薬品などを開発、
販売、そして販促活動をする場合に見逃せないのがいわゆる薬事法です。
保健衛生におけるアップを一番の要因として作られた法律となっています。


健康アイテムなどを販売をする時に、
薬事法におきましては、医薬品と勘違いされてしまわないような記事の言葉を選ぶことが大切です。
理解していない所でそれを学習しなければ、
違法な行為を犯してしまっています。


ネットサイトのデザインが納得の完成度であったとしても、
国が定める薬事法を知らなければ、
意外な所で触れる可能性があります。
いわゆる注意が必要なのは、製薬業者やクリニック、化粧品、健康食品などの宣伝サイトです。


薬事法におきましては、健康補助食品などを市場へ出す時に、
あたかも医薬品と間違えないような宣伝文章の表現を選ぶことが大切です。
それらを学ばなければ、考えられない所で法律に抵触を犯してしまうことになります。


正社員や薬事法を知らない制作会社がパンフレットやチラシを作ってしまいますととにかく「売りたい!」という思いが表に出てしまい、
商品などの得られる効果を言葉にして国の薬事法に抵触する場合も考えられます。


俗にいう薬事法に抵触しない広告では、
自社商品の魅力をユーザーに伝えることできなく、
収益が落ちると思っていたりしていませんか?日本における薬事法を遵守し、
印象の良い広告を作成することが無難でしょう。

「ピーリングをすることで

2014-12-12

市販の医薬部外品の存在が、法律の薬事法をもっと難しくしている原因の一つです。
薬局で購入出来る医薬品に準ずるような配合する成分はありますが、
実際の効果の事実がほとんど無い商品が俗にいう医薬部外品というワケです。


薬事法の内容に触れてしまった場合、
開発販売をしている会社等の関係しているメーカーに限らず、
その販促に絡む全関係者に、その責任を問われる場合もありますので広告表記には注意が大切なんです。


「1ヶ月で10キロ痩せる!」「使用することでアンチエンジング効果を自分のものにすることが出来るオススメのもの!」など、
効果効能を言葉にする表記の記事は薬事法に触れることになるケースがありますので気を付けてください。


人気ドクター監修など、開発段階に関わっていることを表示し、
商品名にすることも薬事法では禁止になっています。
「利用者の感想」としてユーザーからの感想であっても、
駄目なのです。


厳しい薬事法に抵触しない宣伝方法では、
商品の魅力を世間に伝えることが出来なく、
利益が生み出されないと考えていたりしていませんか?日本の薬事法を遵守し、
素晴らしい広告を使用することが最も重要です。


健康アイテムなどを発売する時に、
薬事法におきましては、ジャンルが違う医薬品と間違えないような宣伝文章の表現を選ぶ必要があります。
考えられないところでそれを覚えておかなければ、
法律犯しをしてしまうことになります。


「安心については問題なし!」「悪影響無し!」などといった、
購入者の性別、年齢など関係無く効能効果を期待でき、
体に一切の害が無いということを販売元が保証する言葉は薬事法に触れることになります。


「一ヶ月後には5キロ減ってます!」「話題のピーリングによってアンチエンジングを手にすることが可能な自信のアイテムです!」など、
効果を表現するコピーライティングは薬事法の違反になってしまう場合もあるので利用してはいけません。

Copyright(c) 2014 「薬事法」で学ぶ仕事術 All Rights Reserved.