「一ヶ月で15キロ痩せちゃう!」

2015-03-21

健康補助食品や健康雑貨などは日本の薬事法で規制されている対象となっている商品ではありません。
ご存知では無いかもしれませんが、
いわゆる医薬品等などと間違えられてしまうような言葉を用いたり、
販促活動をする場合に実行すると、
薬事法に触れる表現となります。


市販の医薬品等を製造開発し、広告活動をする場合にどんな時でも外せないのがいわゆる薬事法についてです。
保健衛生の促進を図る要因として考案された重要な法律の一つです。


より購買力を高めるために商品などを魅せようとするコマーシャルをした結果、
薬事法に触れると考えられます違法の宣伝記事がオンライン上には溢れていますので利用しないようにしましょう。


サプリメントなどを販売をする時に、
薬事法においては、医薬品と誤認されてしまわないような記事の言葉を使うことが重要です。
理解していない所でそれを覚えておかなければ、
いわゆる違法行為をしてしまっているのです。


発売する時、「飲み続けると疲れた目が治ります!」「ドライアイも解消出来ます」などと人気のブルーベリーサプリメントを期待できる効果の言葉を伝達することしたくなりますが、
すべて薬事法に触れることになります。


薬事法に触れてしまった場合、製造し販売をしている会社等の関連メーカーに限ったことではなく、
それらの広報戦略に関与している皆さんに、
法律違反の責任を問われることも十分にありますので注意が大切なんです。


サプリなどは厳しい制約のある医薬品のような宣伝方法をやってしまうと、
国が定める薬事法や健康増進法に抵触をしてしまうおそれが確かにあるのですが、
誰が見ても明らかに食品という場合でしたら心配無いです。


宣伝広告が小さかったりビッグな広告をすることが無いから心配無いだろうと思っていませんか?万が一薬国が定める薬事法に抵触した表現がわかった場合、
業務停止命令を命令されたケースがあるのです。

「トラブル無し」

2015-03-13

「無危害については心配はいりません!」「悪影響無し!」等など、
使用者の性別、年齢等一切問わず効能を実感することができ、
体に一切の害が無いということを保証する表現は薬事法の違反になります。


それぞれの商品毎に個別の容器、
または被包に薬局の医薬品等は、
特記する事項等が決定しています。
この必ず表記する必要のある事項などはいわゆる「法定表示」です。


サプリメント、また健康グッズ等は俗にいう薬事法で制限されている品目には該当しません。
気を付けたいことが、市販されている医薬品などと間違えられるような言葉を利用したり、
コマーシャルをする場合に使用すると薬事法違反になります。


市販されている医薬品などを開発、
販売、そして販促活動をする場合にどうしても関わるのが日本の薬事法です。
保健衛生の向上を要因として制定する法律なのです。


人気のブルーベリーサプリメントを市場に出す場合、
「毎日きちんと飲み続けると視力の弱い目が治ります!」「ドライアイも解消出来ます」などと得られる効果を世間に伝えることをしたくなりますが、
これらはすべて薬事法違法です。


市販されている医薬品等の結果効能、
また安心面のコスメ類の使用前後の図面や動画等の表現については、
保証する言葉となりますので一般的には法律の薬事法では禁止されています。


いわゆる薬事法を知らなければ、
サイトレイアウトが画期的だったとしても、
予想もしていなかった所で抵触する可能性があります。
エステや製薬会社、サプリメントや化粧品などのそれらの中でも特に最善の注意をする必要があるのはウェブサイトです。


市販されている医薬品などを作って販売、
そしてコマーシャルをする場合にとにかく無視するワケにはいかないのが法律の薬事法です。
保健衛生のアップを最大の目的として作られている重要な法律の一つです。

薬事法を守らなかった場合

2015-03-10

販促をするため担当レベルなどで気付いていないうちに国の薬事法に抵触した表現を使っているケースがとっても多く、
yahoo!やGoogleのチェックに引っかかってしまうことによって検索結果からの削除になってしまうケースも考えられます。


薬事法におきましては、サプリメントなどを販売をする場合に、
厳しい制約のある医薬品と間違えないような宣伝の表現を選ばなければいけません。
それを勉強しておかなければ意外なところで法律の抵触を犯してしまっているのです。


薬事法違反を犯してしまった場合に対しての食物の販売に関する処罰についてはとっても厳しいものです。
商品の回収などを課せられた事例も大企業の健康食品メーカーであったとしても、
あるので知っておきましょう。


ブルーベリーエキス配合のサプリを発売する時、
「きちんと飲むと疲れ目が改善しちゃいます!」「視力回復効果あり!」などと効果効能を伝達することしたくなりますが、
これらはすべて国の薬事法に抵触します。


何かと話題になる薬事法に違反することの無い広告では、
商品の素晴らしさを消費者に伝えることができなく、
利益が落ちると気軽な気持ちでいませんか?日本の薬事法を遵守し、
ユーザーの心に響く広告を提供することが最も重要です。


商品の回収などをもし薬事法を守らなかった表現がわかった時、
法に則り言い渡されたケースがありますのできちんと検討しましょう。
宣伝広告が小さかったり派手な広告を出さないから大丈夫と簡単に考えてはいないでしょうか?

口に入れる物の販売に関する薬事法を守らなかった場合に対してのペナルティというのはかなり重いです。
全国的に有名なサプリ販売会社であったとしても、
出荷商品全ての回収などを法により命じられた事例もあります。

医薬品と同列にするような

2015-02-14

広告の大きさが小さかったり目立つ広告を出さないから心配無いだろうと気軽な気持ちでいませんか?万が一薬国が定める薬事法に抵触した表現が指摘された場合、
販売停止などを法に則り命じられたケースがあるのです。


「一週間後には3-5キロ減量に成功!」「利用することによって美しさを手にすることが可能な優れもの!」など、
得られる効果を表現する表記の記事は薬事法における違反になってしまうケースがあるので避ける必要があります。


人気のサプリ等を販売をする場合に、
薬事法では、医薬品と勘違いされてしまわないような販売促進活動の表現をチョイスしなければいけません。
把握していない所でそれを学ばなければ、
いわゆる違法行為を犯してしまっているのです。


サプリなどはあたかも医薬品のような販売の方法を行うと、
薬事法やいわゆる健康増進法に抵触をしてしまう可能性が確かにありえますが、
誰が見ても「食品だよ!」というケースでしたら、
違法では無いです。


「セーフティ面は確認しています!」「副作用皆無!」など、
利用者の性別、年齢など関係無しに効能効果を期待でき、
安全なものであるということを保証してくれるような言葉は国から決められた薬事法に抵触してしまうことになります。


商品をより魅力的に見せる売方をした結果、
サイトの中には薬事法を守っていないと思われるコピーライティングが溢れているので注意しましょう。

国の薬事法に抵触した場合に対しての

2015-02-01

「異変無し!」「無危害については確認しています!」等の、
効果を期待することができ、状態や使用者の性別、年齢といったことを問わず安心して購入出来るということを会社が保証するような表現は国の薬事法に抵触します。


薬事法を守らなかった場合、製造し販売をしている会社等のメーカーなどに限ったことではなく、
その広報に関係している全ての関係者に、
販売の責任を問われることも考えられますのでとにかく注意が重要なのです。


いわゆる薬事法では、健康サプリメントなどを販売をする時に、
厳しい規制のある医薬品と間違えないような文章表現を選ぶことが大切です。
それらを知っておかなければ、把握していないところで違法なことを犯してしまっています。


簡単に購入出来る医薬部外品がいわゆる薬事法についてを難しくややこしくしているワケです。
ドラッグストアの医薬品などに準ずるような成分が入っていることもありますが、
実際の効果がそこまで過大に実感することが出来ないのが俗にいう医薬部外品なのです。


薬事法におきましては、あのドクター○○が監修!など、
医師などが開発に携わっている事実を名言し、
商品の名前に使用することも禁止事項です。
一般の方からの「購入者の意見」として声であっても、
違反となります。


販促をするため担当者間で気がつかないうちに薬事法を守らなかった表現を使っているケースがとっても多く、
ヤフーなどのチェックに指摘されることではじき出されてしまうことになってしまう場合も考えられます。


薬事法等に抵触しない広告では、
自社アイテムの素晴らしさを伝達することができなく、
利益がダウンすると考えてはいないでしょうか?この薬事法を遵守し、
内容の濃い素晴らしい広告を使用することが無難です。

« Older Entries
Copyright(c) 2014 「薬事法」で学ぶ仕事術 All Rights Reserved.