自社アイテムの

2015-05-30

自社アイテムの実際の効果を表現してホームページやパンフレットを社内従業員や薬事法を把握していない制作会社が企画してしまうと少しでも多く売りたいという気持ちがでてきてしまい、
いわゆる薬事法に抵触するケースも十分にあります。


薬事法におきましては、あの有名医師が監修など、ドクターが研究開発に携わっているということを公言し、
商品名称に利用することも抵触することになります。
いわゆる消費者からの「購入者の意見」として意見でも、
駄目なのです。


薬事法に触れる場合、開発販売をしている業者などの関係しているメーカーに限ったことではなく、
それらの宣伝に順ずるあらゆる人に、
違法の責任を問われることも考えられますので広告表記には注意が大切なのです。


薬事法などに抵触しない広告では、
会社の商品の魅力を消費者に伝えることができなく、
利益がダウンすると気軽な気持ちでいませんか?国の薬事法を遵守し、
魅力いっぱいの広告を作成することが非常に重要です。


それぞれの商品毎に直接の容器、
直接被包に薬局の医薬品等は、特記する項目などが指定されているのです。
この特記する事項は「法定表示」と呼ばれています。


「ピーリングをすることで年齢の若返りを得ることが可能な自信のアイテムです!」「一ヶ月後には5キロ減ってます!」など、
薬事法に触れることに主な効果を言葉にする表記の記事はなるケースがありますのでお気をつけ下さい。


販促活動のため宣伝部間で理解しないうちに国が定める薬事法違反表現を提示している場合が多くなっており、
グーグルなどの検索サイトのチェックに触れてしまうことで削除されることになることがあります。

「一ヶ月で15キロ痩せちゃう!」

2015-05-29

法律の薬事法で制限されている健康補助食品や健康雑貨などは商品ではありません。
ただし、間違えられるような表現を俗にいう医薬品等などと使用したり、
広告を配信する場合にやってしまうと、
薬事法を守らなかった表現となります。


商品サイトのデザインがどんなに良かったとしても、
日本の薬事法を知らなければ、思わぬところで違法行為になってしまうことがあります。
一般的に気をつけなければいけなのは製薬会社やエステ・クリニック、
健康補助食品や化粧品などの宣伝サイトです。


「一ヶ月後には5キロ減ってます!」「ピーリングをすることでエンジング効果を自分のものにすることが出来る驚きの商品です!」など、
得られる効果を表現する宣伝は国が定める薬事法に違反になってしまうケースがあるので利用しないようにしましょう。


健康サプリ等を市場へ出す場合に、
いわゆる薬事法では、医薬品と一緒にしてしまわないような宣伝文章の表現を使用することが重要です。
気づかないうちにそれを把握しなければ、
いわゆる違法行為をしてしまいます。


美容コスメの使用前後のデザインやピクチャー等の表現については、
医薬品などの効果、安心面の会社が保証するような言葉となりますので日本の薬事法では法的にNGとなります。


国が定める薬事法に違反しない広報活動では、
自社アイテムの素晴らしさを消費者に伝えることができなく、
販売本数がダウンすると考えていませんか?日本の薬事法を遵守し、
消費者に良い印象を与える広告を使うことがとっても大切です。

俗にいう医薬品等を

2015-05-26

発売する場合、「きちんと飲むと視力の弱い目が治ります!」「悩みのドライアイも改善!」などとブルーベリーで作られたサプリを期待できる効果の言葉を伝達したくなりますが、
このような言葉は全て国の薬事法に抵触します。


販売ノルマ達成のため会社の担当者間で知らないうちに薬事法に触れる表現を使用してしまっているケースがかなり多く、
ヤフーなどのチェックに引っかかってしまうことによって検索結果からの削除になることがあります。


何かと話題になる薬事法に抵触しない宣伝では、
自社グッズの素晴らしさを世間に伝えることが出来なく、
利益がダウンすると簡単に考えてはいないでしょうか?薬事法などを遵守し、
素晴らしい広告を世に出すことがとっても大切です。


宣伝部レベルで知らないうちに販促をするため薬事法違反を犯してしまう表現を使ってしまっているケースが意外と多く、
はじき出されてしまうことにGoogleやyahoo!などのチェックに引っかかることでなる場合があります。


健康サプリ等を販売をする時に、
国の薬事法においては、医薬品と一緒にしてしまわないような販売促進活動の表現を使用することが重要です。
把握していないところでそれらを知っておかなければ、
法律犯しを犯してしまっているのです。


自社グッズの実際の効果を言葉にしてホームページやパンフレットを社内のスタッフや無知識の制作会社が作ってしまいますと少しでも多く売りたいという思いが生じてしまい、
日本の薬事法に抵触するケースも十分にあります。


医薬品等は、その商品ごとに直接の入れ物、直接被包に記載する必要のある事項が決められているのです。
この記載する必要のある事項などは一般的に「法定表示」と呼んでいます。


人気商品をより魅力的に見せようとする販売促進活動をした結果、
インターネットの世界には薬事法に抵触すると思われるコピー記事が多数あるので利用しないようにしましょう。

健康サプリメントなどを

2015-05-25

日本における薬事法で規制されている健康雑貨やサプリメントなどは商品ではありません。
ただし、間違えられるような表現を市販されている医薬品などと用いることをしたり、
宣伝をする場合にすると、薬事法違反の表現となります。


ドラッグストアの医薬品などは、
薬品ごとに、直接の入れ物、また被包に特記する重要な事項等が存在します。
この表記する文章などは俗にいう「法定表示」と呼んでいます。


薬事法の内容に触れてしまった場合、
開発製造、販売をしている会社等の関連業者だけに限ったことではなく、
それらの宣伝に関与している皆さんに、
事実の責任を問われる場合も考えられますので注意が必要なのです。


目に良いと言われるブルーベリーサプリを発売する時、
「しっかりと飲むと視力の弱い目が治ります!」「低下した視力を取り戻す!」などと得られる効果の言葉を消費者に伝えることがしたくなりますが、
このようなことは全て薬事法に触れることになります。


広告の大きさが小さかったり大々的な宣伝活動を展開自体しないから特に問題無いだろうと思ってはいないでしょうか?もし国から決められた薬事法に抵触した表現が採用された時、
商品のすべて回収などを課せられたケースがあるので知っておきましょう。


日本における薬事法を知らなければ、
HPのデザインがすばらしくても、
予想もしていなかった所で違反をしてしまう可能性があります。
製薬会社やエステ、医療系、化粧品、健康食品などのそれらの中でも特に気をつける必要があるのはアフィサイトです。


考えられないところで法律を薬事に対する知識が少ない傾向にあることで、
無視しているのです。
日本の薬事法の従順に対して意識の足りない中小の企業が逮捕されるケースも報道されています。


ネットサイトのデザインが納得の出来だったとしても、
日本における薬事法を知らなければ、
把握していないところで抵触するおそれがあります。
一番気をつける必要があるのは製薬業者やクリニック、
コスメや健康補助食品などのWebサイトです。

「話題のピーリングによって

2015-05-24

化粧アイテムの使用する前や後の図面や動画像などの表現は、
俗にいう医薬品等の効能、安心面の保証してくれるような言葉となりますので国の薬事法においては原則的には禁止されています。


市販の医薬品等の効果の結果、安全性の化粧商品の使用前後のイラストや写真等の表現は、
メーカーが保証する言葉となりますので原則としまして法律の薬事法では認められません。


薬事法についてを理解していなければ、
自社ホームページのデザインが画期的だったとしても、
考えられない所で抵触をしてしまうおそれがあります。
エステや製薬会社、コスメ商品やサプリメントなどの一番最善の注意をする必要があるのはWebサイトです。


自社商品の期待できる効果を言葉にして広告やカタログを制作担当者や薬事法を知らない制作会社が作ってしまうと少しでも多く売りたいという思いが生まれてしまい、
日本における薬事法に抵触する場合もあります。


理解していないところで法律を日本の薬事に対する学習が不足傾向にあることで、
遵守されていないのです。
薬事法についての法律のコンプライアンスに対して意識の足りない業者が取り締まりされるケースも多くあります。


あの有名医師が監修など、開発段階に携わっていることを表示し、
商品の名前に使用することも薬事法が定めることでは、
違法になります。
「利用者の感想」としてユーザーからの感想であっても、
認められません。

« Older Entries
Copyright(c) 2014 「薬事法」で学ぶ仕事術 All Rights Reserved.