厳しい薬事法に

2015-04-19

医薬品というのは、各商品ごとに直接の入れ物、個々の被包に絶対に記載の必要のある事項等があります。
この記載する必要のある重要事項などは一般的に「法定表示」と呼んでいます。


「安全面に関しては心配はいりません!」「体に影響無し!」ナドの、
現在の体の状態や性別、年齢など関係無しに使用効果を実感することができ、
安全であることを会社が保証するような表現は薬事法を守らなかった表現になります。


さらなる販売促進のため担当者レベルで知らないうちに薬事法に違反した表現を使用してしまっている場合が非常に多く、
Googleなどの検索エンジンのチェックに引っかかってしまうことではじき出されてしまうことになるケースも考えられます。


もっと魅力に販売している商品を実感させる宣伝方法をした結果、
薬事法を守っていないと考えられます販促記事がネット上には多数あるので注意しましょう。


サプリなどは厳しい制約のある医薬品のようなコマーシャルを実践すると、
国の薬事法や健康増進法に違反するおそれが勿論ありますが、
全ての人から見てもあからさまに食品の場合でしたら、
大丈夫です。


コスメティックの使用する前や後の図面や動画等の表現については、
市販の医薬品等の使用後の効果、
そして安心面の保証してくれるような言葉となりますので法律の薬事法では法的に処分対象となります。


制作担当者や法律をあまり理解していない制作会社がホームページやチラシを作ってしまうと人気商品にしたいという気持ちが出てしまい、
商品などの主な効果を言葉にして日本における薬事法に抵触するケースも考えられます。

意外な所で法律を

2015-04-10

医薬品といったものは、かく商品毎に専用容器、他には被包に絶対に記載の必要のある項目等が指定されています。
この必ず記載しなければいけない項目等はいわゆる「法定表示」です。


会社の担当や法律を知らない制作会社がパンフレットやチラシを企画するととにかく「売りたい!」という思いが生じてしまい、
アイテムの期待できる効果を言葉にして法律の薬事法に抵触する場合も十分にあります。


いわゆる薬事法で制限されているサプリメント、
健康雑貨等は対象のものではありません。
ただ、勘違いされるような言葉を市販の医薬品などと使ったり、
広告を配信する場合にやってしまうと、
国から決められた薬事法に抵触した表現となります。


意外なところで法律を日本における薬事に対する把握が不足してしまっていることで、
破っているのです。
薬事法についての遵守に対する意識の足りない会社が逮捕される事例が多いです。


薬事法等に違反しない販売促進活動では、
販売している商品の素晴らしさを伝達することが出来なく、
販売本数がダウンすると気軽な気持ちでいませんか?薬事法を遵守し、
内容の濃い素晴らしい広告を展開させていくことがオススメです。


日本の薬事法を医薬部外品の存在が、
とってもややこしくしているワケの一つです。
薬局で購入出来る医薬品に準ずるような配合成分が含まれていることもありますが、
ほとんどいわゆる効果効能の事実が認められていないアイテムが気軽に買える医薬部外品なのです。


販売促進のため担当者レベルで気付かないうちに薬事法違反を犯してしまう表現を使用しているケースが意外と多く、
グーグルなどのチェックに抵触することによって検索エンジンから消されてしまうことになってしまうケースも考えられます。


有名では無い雑誌だったり大々的な広告をしないから違法行為では無いだろうと考えていませんか?もし薬事法を守らなかった表現が見つかった時、
出荷停止などを法に則り命じられたケースがあるので覚えておきましょう。

ブルーベリーエキス配合のサプリを

2015-04-03

市販されている医薬品などは、薬品ごとに、個別の容器、専用の被包に絶対に書かなければいけない項目などが定められています。
この必ず表記する必要のある重要事項等はいわゆる「法定表示」です。


商品などをさらに効果的に魅せようとする販売方法をした結果、
ネットサイトの中には国から決められた薬事法に抵触しているとおもわれるコピーライティングが多くありますので利用してはいけません。


会社の担当や法律を知らない制作会社がホームページやチラシを制作するととにかく「売りたい!」という思いがかなり強くなってしまい、
自社グッズの効果効能を言葉にして国が定める薬事法に抵触することもあります。


商品などの実際の効果を言葉にしてパンフレットやチラシを制作担当者や一般的な制作会社が提案すると販売したいという気持ちが相当強くなってしまい、
いわゆる薬事法違反になるケースもあります。


薬事法等に違反しない宣伝方法では、
販売している商品の素晴らしさを伝達することができなく、
利益が落ちると気軽な気持ちでいませんか?薬事法を遵守し、
心に届ける広告を使用することが大切です。


そもそも医薬品というのは、それぞれの商品ごとに個々の容器、
専用の被包に必ず書く必要のある重要な事項などが決定しています。
この記載しなければいけない文章等は俗にいう「法定表示」と呼んでいます。

食物の販売についての

2015-03-31

厳しい規制のある医薬品のような売方を展開すると、
そもそも健康食品というのは日本における薬事法や健康増進法に抵触をしてしまう可能性が結構ありますが、
誰がみたとしても明らかに食品というケースでしたら大丈夫です。


健康サプリ等を販売をする場合に、
法律の薬事法では、ジャンルが違う医薬品と間違えないような宣伝文章の言葉を使うことが重要です。
予想もしていなかったところでそれらを知っておかなければ、
法律に抵触を犯してしまっているのです。


サイトのデザインがとっても素晴らしかったとしても、
何かと話題になる薬事法を理解していなければ、
思わぬところで触れてしまうおそれがあります。
中でも特に気をつける必要があるのはクリニックやエステ、
健康食品やサプリメントなどのサイトなのです。


その広告に関係している全部の人に、
製造業者や製造販売業者などの関連メーカーに限らず、
薬事法の内容に触れてしまった場合、
事実の責任を問われるケースも考えられますので注意しながら展開することが大切で必要です。


「話題のピーリングによって若返り効果を自分のものにすることが可能な魅力的なもの!」「2週間で5キロの減量実現!」など、
薬事法の内容に触れてしまうことに主な効果を言葉にするコピー記事はなる場合もあるので利用してはいけません。


「世界的ドクター監修」など、医師等が開発に関係することを公言し、
その商品名に使用することも薬事法におきましては、
違法行為になります。
「愛用者の声」としていわゆる消費者などからの感想であっても、
NGです。

「一ヶ月で15キロ痩せちゃう!」

2015-03-21

健康補助食品や健康雑貨などは日本の薬事法で規制されている対象となっている商品ではありません。
ご存知では無いかもしれませんが、
いわゆる医薬品等などと間違えられてしまうような言葉を用いたり、
販促活動をする場合に実行すると、
薬事法に触れる表現となります。


市販の医薬品等を製造開発し、広告活動をする場合にどんな時でも外せないのがいわゆる薬事法についてです。
保健衛生の促進を図る要因として考案された重要な法律の一つです。


より購買力を高めるために商品などを魅せようとするコマーシャルをした結果、
薬事法に触れると考えられます違法の宣伝記事がオンライン上には溢れていますので利用しないようにしましょう。


サプリメントなどを販売をする時に、
薬事法においては、医薬品と誤認されてしまわないような記事の言葉を使うことが重要です。
理解していない所でそれを覚えておかなければ、
いわゆる違法行為をしてしまっているのです。


発売する時、「飲み続けると疲れた目が治ります!」「ドライアイも解消出来ます」などと人気のブルーベリーサプリメントを期待できる効果の言葉を伝達することしたくなりますが、
すべて薬事法に触れることになります。


薬事法に触れてしまった場合、製造し販売をしている会社等の関連メーカーに限ったことではなく、
それらの広報戦略に関与している皆さんに、
法律違反の責任を問われることも十分にありますので注意が大切なんです。


サプリなどは厳しい制約のある医薬品のような宣伝方法をやってしまうと、
国が定める薬事法や健康増進法に抵触をしてしまうおそれが確かにあるのですが、
誰が見ても明らかに食品という場合でしたら心配無いです。


宣伝広告が小さかったりビッグな広告をすることが無いから心配無いだろうと思っていませんか?万が一薬国が定める薬事法に抵触した表現がわかった場合、
業務停止命令を命令されたケースがあるのです。

« Older Entries
Copyright(c) 2014 「薬事法」で学ぶ仕事術 All Rights Reserved.